おっちゃんの徒然なるままに

おっちゃんがお送りするとても私的で適当なブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっちゃんが配信でやったゲーム

さてさて今回ご紹介するゲームは、配信を見て頂いていた方には記憶も新しいとは思いますが、このゲームを紹介したいと思います。今回は・・・


デモンズソウル


人間関係でも稀に最初は苦手だなぁと思っていたんだけれどもチョット関わると、結講良い奴だった、なんてことありますよね?僕の一番の友人は第一印象最悪な上に3ヶ月くらい、友人のことが嫌いでもありましたが今では金襴の友と呼べるくらい、兄弟みたいな関係です。それがまさにこのゲーム!

まず第一印象は最悪の一言!なんたって10時間くらい進めても死ぬだけで全然進めなく、当時LANケーブルがなかったせいでアップデートできず普通に死ぬだけで黒傾向(敵が強くなる)のでディスク叩きつけて電子レンジで温めたくなりました(笑)

そしてアップデートしないまま進み詰んだその時、PS3の機能の一つ協力プレイ(お助け)が出来たわけです。PS3ちょっと触ってましたがオンラインで仲間とともに進み、道を教えてくれたり切り開いてくれたりで助かりました!そしてクリアしたんですが何かやっぱり達成感がもう一つだったので今度はアップデートして魔法なしでいこうと思いやってました、すると・・・。

武器メインの戦いになると武器の種類、派生がかなり多く、それに応じてステータスを振ってレベルを上げて行かないといけないということで、かなり自由度が高くて、それでこそ、いい意味で悩める要素がある事に気づきました。

武器1つとっても主に筋力系、技巧系と2つに分かれていて、そこからの派生が多く、その中で自分で選んだり選択が多く、魔法も回復、攻撃ではステータスの振りが違い、個性が強く出るところも面白さの一つです。

あと世界も白傾向、黒傾向といった要素があり白と黒では、また違った敵と戦えたりとで、そこもまた一つの面白さです、ちなみに一回終わっても更に2周、3周と続き、最高7周ですか?そこまであるそうです。周回プレイも面白いですが、最初からやっても、また違ったスタイルで戦えるので、相当やりこみ要素が多く、ハマったらこのゲーム1年は平気で遊べるんやないかと思うくらいですマジで(笑)

ダークソウルという、これに続いたゲームはまだ未プレイですが、やりこんだ人に聞くと、これとは違うゲームみたいな感じです。デモンズはデモンズ、ダークソウルはダークソウルというくらい、違うらしく、ダークソウルしかやったこと無い方でも、遊べるゲームじゃないかなぁと思います。

今度はダークソウルをプレイしてまたブログに書きたいなぁとは思っています。

ちなみに、最初にこのゲーム、難しいなぁ無理だなぁと思った方は、最初に貴族の職について下さい。最初はレベルも上げれず進むので、ここで挫折する方もいらっしゃるかもしれませんが貴族だとMP回復の指輪と魔法が使えますので遠距離で戦えスムーズに進むと思います。

ちなみに魔法縛りで進んだ時は、ミルドハンマー派生の龍のミルドハンマーを使っていました。最初に武器を限定すると、無駄なステ振りが減らせるので予め、武器を選んでおいたほうが効率的かもしれませんが、適当に進むのもいいかと思うようなゲームです、ちなみに2週目からは一気に敵が強くなりますので、やりごたえ抜群です!







スポンサーサイト

funny story

運命のバット

アンタッブル・レコード、その名のとおり難しいどころか不可能に近い記録というものが世界には存在する。
それは2004年のアメリカメジャーリーグにてイチローが破った安打記録もまさにそれだった・・。

シーズン安打257本、1920年ジョージ・シスラーが記録してから85年間も誰もその記録にかすりもすらしないほどに存在し続けまさにアンタッチャブル・レコードであった。

しかし、実はこの記録はアメリカであまり有名ではなくジョージ・シスラーの名前もイチローが記録に近づいたときに知ったという人が多いくらいであった。

シスラー自身、メジャーリーグの中でも優れたバッターであったが当時には野球を知らない人でも知っているホームランの代名詞ベーブルースなどがいた事もありホームラン全盛の時代でテクニカルな選手は少なからず軽んじられていた。そしてホームラン全盛の時代はシスラー引退後も続き、最多安打の記録もその波に埋もれていったのである。

しかし、イチローが最多安打の記録に近づき更新した事もありシスラーにも注目が集まり評価を改められるようになった。そしてイチローは「本塁打の魅力から我々の目を解き放ち、打撃の芸術性に気づかせてくれた。」と野球関係者に言われるほどであった。

シスラーとイチローこの二人の選手を比べてみると面白い共通点がある。

もちろん二人ともヒットを打つ事が得意なバッターではあるのだがそこではなくシスラーの死去した年とイチローが生まれた年が同じなのである。

ジョージシスラーが3月26日に死去し、その半年後の10月22日に生まれている。もしかすればシスラーは死去した3月から10月のシーズン期間中までメジャーリーグを観戦してから生まれ変わってイチローになりホームラン全盛のみんなの目を覚まさせたと思うとちょっとばかり奇妙な話でしょ?




おっちゃんのおすすめ漫画!これだけは見とけ!

おっちゃんのオススメ漫画#5

皆さん、「競馬」って聞くと、どういうイメージ持たれます?恐らく90%の人がギャンブルと答えると思いますし、実際に馬券を買ったりできるので、そうじゃないなんて甘ったれた事は言えませんが、馬の生産に携わる人達、育成に携わる人達、そして、その馬に乗る人達、様々人がいて競馬というものが成り立っているのです。そして今日はこの漫画をご紹介します。

「競馬狂走伝ありゃ馬こりゃ馬」

この漫画は、原作、田原成貴という元JRA所属の騎手で、武 豊が出てくるまでは天才と言われていた名騎手です。落馬から腎臓破裂を乗り越え、破天荒な馬の乗りっぷり、歯に衣着せぬ言動、そして数々のドラマを演出していった他にはいないタイプの天才ジョッキーでした・・。騎手を辞めてからは覚せい剤などに手を染めてしまった哀しい人ではありますが、現役の時が色褪せることは僕にはありません。

ストーリーは氷室 翔 という三流騎手の話で、序盤はギャグ要素が入っていたりするのですが、途中から田原成貴らしいリアリティーのある作品へと変わっていきます。競馬の騎手の厳しさを経験を踏まえて描いていて、とてもいい作品になっております。本人が体験したエピソードなども微妙に入ってて騎手の厳しさが解ると思いますし、競馬が好きな方には是非とも読んでもらいたい!

僕も競馬が昔好きでしたので、この漫画はとても気にいってます、日本では競馬=ギャンブルというイメージがつきすぎてて、少し残念だなぁと思います。血統など楽しめる要素がたくさんあり欧州では「ブラッドスポーツ」とも言われたりしていますし・・。


そして今日、なぜこの漫画をお薦めしたかと言いますと、この漫画の作画を描かれていた漫画家の土田世紀さんが肝硬変の為に、お亡くなりになりました、凄く熱く泥臭く哀しい物語を描くのが上手く、僕自身、この人のすべての作品を読んだわけではないですが、他には中々いない破天荒な漫画家なイメージがあります。上記の作品以外でも、「編集王」、窪塚洋介、主演で映画化された「同じ月を見ているなど」一風変わった名作が多い方です・・。僕は見ていませんが「ギラギラ」という漫画がTV朝日でドラマ化されてるみたいです。

まだ43歳と若く亡くなった事が悲しく感じ、筆を取った次第にございます・・。
ご冥福をお祈り致します・・。







おっちゃんの若いころの日記

今回は、おっちゃんの若いころの日記を暴露!いやー読んでみると恥ずかしいというか何というか、変わってないというかなんとやら。

今読んでも青臭いなぁと思い、まるで他人が書いたような錯覚に陥る反面、今でも共感できる部分があり、人間って成長してるのかしてないのか、何かいつも、こんな感じで生きてるなぁって思います。

本当に理想の自分ってやつは、どんどんと前に行くから中々、追いつかないし永久にこんな感じなのかなぁとも思ったりします。まだまだ7年経っても遠いですね・・。

------------------------------------------

「空の暁は遠く」

力のなさを知り

心の弱さを知り

打ちひしがれる暇もなく

時間は過ぎ去ってゆく

一歩あゆむのに十の苦痛に耐え

それでも心は歩みを止めず

唯それだけを信じるしかないと思った一年

心の暁は未だ遠い空にあるのか・・。


------------------------------------------


青臭いのは、仕方ないです何たって◯◯歳の時のやつですからそこら辺のツッコミはなしです。
結構コレでも真面目な青年だったんですよ、今はおちゃらけてますがね、いやそこも今と変わらないか(笑)


おっちゃんのおすすめ漫画!これだけは見とけ!

おっちゃんのオススメ漫画#4


さて今回は少し遅れながらのタイムリーな話題とお薦め漫画について、ご紹介させて頂きます。
この漫画も合う合わないがあると思います。そういう世界に興味ないという方には向いていません・・。と言いたいところですが読みだすと何だかんだで読んでしまうと思います!それは

昴(スバル)
 
MOON 昴 ソリチュード スタンディング 


少し話は脱線して、ニュースにも取り上げれていたので知っている方は知っているとは思いますが、3ヶ月ほど前にスイスで行われたローザンヌ国際バレエコンクールにて菅井 円加(すがいまどか)選手が1位入賞を果たしました、日本人で快挙ではある事は間違いなくとても素晴らしいことですが、バレエというのは大会を優勝するとかそういう世界ではないのです。

実はこの大会もバレエ界の登竜門と呼ばれていて、ここで入賞し、奨学金や世界のバレエスクールに入学できる権利を得るものなのです。ですから、実は本当はここからが大変なです。

そんなバレエの厳しさ、そして素晴らしさ、情熱を描いた作品が「昴」です!実はこの漫画、一度休載されて新たに連載という形になったのでタイトルが2つあります。少しまとまり切れてない部分も否めないのですが、中々こういう世界を主題とした漫画が無いのでその辺は目を瞑ってます。僕もこの漫画を見ていなければ菅井選手がローザンヌで入賞しても恐らく、目も止めなかったでしょう。

これは僕の持論なんですが色々な事を知っていれば浅くとも、誰かとコミュニケーション取る時にふとしたところで役に立ったりするので、こういう中々、身近ではない事を知るのにはとても面白い作品です。

この作品の作者なんですが、個人的に面白いジャンルを題材にしている漫画家なんです、そして共通しているのが、そのためだけに生まれてきたような主人公で、天才と狂気を美味く描いてて、それでいて熱いんですよ!
また、時期を見て、その作品もお薦めしたいくらい面白いんですが、それはまた別のお話ということにしときましょう!

少し脱線してしまいましたがバレエ漫画という珍しい作品で、それでいて面白い!是非、一読して頂けたらなぁと思います。

今回は敢えて内容には触れません、折角ですので、この漫画の情熱、狂気、才能を受け止めて、心を踊らせながら、いや踊りながら見てみてください!







リスナーや色々提供してくださる方々へ

今日は、色々とご挨拶も兼ねて、お礼を述べたいと思います。
もうすぐLivetubeで配信し4年が経ち5年目に入ろうかとするところなんですが。

実は何回も辞めようかなぁって思ったことが多々あります。配信というのはTVと違い企画や台本もない訳で、結講、真剣にやると色々考え込んだり、一人なんで煮詰まるとシンドイんですよね・・。

未だに納得いく配信はできても満足した配信はありません。これ本当です。知ってる方は知ってると思いますが、ボクは昔ラジオをよく聞いていて、子供心に「こういう事できたらなぁ」と思ってました。

まさか時代が進み、ネットとPCの技術が進歩して個人でできるなんて思ってもみませんでしたから・・。

だから一つ小さな夢は叶った気がするんですが、やっぱりまだ満足できないんですよね、きっとこれからも理想が高くなればなるほど、満足は遠くなると思いますし、満足しないまま辞めるのはイヤなんですよね、その気持でずっとやって来ました。

本気出した受動的でない自発的な趣味は見返りは大きいんですが、苦しい思いや面倒くさい思いってのもあったり頭悩ますところなんですよ。野球で言えば、この一振りの為、この勝ちの為の、今までの、しんどい練習みたいなとこです(笑)

でも本当に一人なら、恐らくもう多分、やめていたかもしれません。でもね、結局は人に支えられての配信ってところでボクの配信は続いてきたと思っています。やりたくない時も実はあります。でもリスナーが見てくれてるし待っててくれかもと思うと、やらないと本当の自己満足になっちゃう!って思いやったりもします・・。

真剣だから苦しい事も乗り越えれるし、心ないコメントにも笑いながら流せますし、まぁ言いたいことは言いますけどね。

その中で、リスナーさんのコメントも凄く励みになりますし、この生配信でコメントを完全に制御できない立場からすれば、いい流れを作ってくれてるリスナーさんも居てとてもありがたいです。

そして、あえてブログでは名前はお出し致しませんが、他にも配信がバッファなどにならないように鯖を貸してくれてる方々、本当助かってます。これは建築で言うところの基礎みたいなもので、ここが潰れたら配信どころじゃないですし、普通の鯖よりバッファなく、一つの目標の「リスナーとの一体感」が出来るようになっているのも、鯖のおかげです。

最近PS3を買いましたが、ソフト提供して下さった方にも感謝です!HDMIキャプがなくやっているのは心苦しいですがイレギュラーで購入したPS3やらせてもらえるのは貴方のおかげです。

最近、中々思うような配信ができていないのでフラストレーションも溜まりますが、色々な人の支えがあると思えば、自分の状態が悪くても、やれるんですよ本当に!調子悪くてもリスナーが頑張ってくれる時が多いですからね♪

だから皆さんこれからも、また宜しければ応援してくださったらなぁと思い、今日は日頃の感謝を伝える為に筆をとった次第でございます。

そしてリスナーさん提供者さん、本当にありがとう・・。「ありがとう」しか言葉が見つからないってやつです♪

それでは、また配信でお会いいたしましょう。


おっちゃんが配信でやったゲーム

はい、今回も今まで配信でやってきたゲームを紹介したいと思います。これも結講苦労しました・・。まぁゲーム下手って事もあるんですが、それでもシリーズの中では難易度が低いそうです(笑)そのゲームは!

バイオハザード4

ボクは奇しくもバイオは2,4しかやってないんですが主人公が同じなんですよね、今年の10月に6が出るらしいですがこれまた同じらしいので要チェックですね!いきなり2から4やったので視点が変わってて最初は苦労しましたが、あっ、そこのアナタどうせ同じでも苦労してるだろって思ったでしょ?それは言わない約束です(笑)

ベテラン、プロフェッショナルをやったわけですが相当死にましたねぇ、しかし何というか、特に死んでも嫌な感じがしないゲームでしたねぇ。アタッシュケースでアイテムが相当持てる上に武器も豊富で、チャカ、ゴホン!ゴホン!(笑)普通の拳銃も数種類あり、仕様が様々で限定改造ってのもあるんですが一つの武器をとっても個性的で面白いです。

バイオ5も軽くやってみたのですが一人でするなら4の方が面白いなぁって印象でした、ストーリーもハッキリ明確で長いですしエイダ編やマーセナリーズという得点を稼ぐミニゲームみたいなものもあります。
ちなみに鈴木史朗アナがバイオ上手いんですがyoutubeの動画貼っておきます。見てて笑えますのでプレイした方も良かったら見て下さい。



このゲームは他のシリーズに比べて難易度が低いらしいのですがナイフが強かったりするので縛りプレイも面白いと思います。そして随所のステージで武器の相性が合っていたら楽ですし、それを持っていなければ非常に面倒くさいことになったりと、それほど簡単すぎるってのは無いと思います。

ちなみにボクは最初ベテランでやって、いきなり詰んで何とか打開した時エピローグ的ムービーが流れて先行き不安を覚えました。そして案の定、苦労しましたが、すぐに2週目に入れたくらい楽しかったです。

後、まぁ余り言わないほうがいいですがムービー中もコントローラーは握ってて下さいね、ボクみたいになりたくなければ(笑)






おっちゃんのお薦め映画

ボク、割と映画好きなんで洋画、邦画問わずに紹介して見て頂けたらなぁと思います。
映画に関しては本当に好き嫌いあるので、つまらなかったってのは仕方がないと思いますが、面白いですよーボクが薦める映画は(笑)

そして今回薦める映画は、ボクは恐らく100回は観てますね。それクラスです。それは

スペースカウボーイ

ストーリーは、宇宙物で40年前にアメリカ空軍に在籍した4人の青年「チーム・ダイダロス」が、アメリカで初の宇宙飛行士を目指す訳ですが「アメリカ政府の方針でその計画は中止してしまい、結局、彼らは宇宙への道を絶たれ、歳を取り空軍を退役することになってしまいます。

それから後、衛星がトラブルを起こし、その衛星は主人公しか直せないという状況になりる訳ですが、その主人公がNASAへ突きつけた条件は「チームダイダロス」で宇宙へ行くというものであったのですが、実際、4人は歳もとっておりNASAも難色を示しますが実は飲まないといけない、ある秘密がありジジイ4人が宇宙へ行くことになる訳ですが・・・・。

あまり書き過ぎるとネタバレが入ってしまいますのでストーリーはこの辺で。

監督、主演はクリント・イーストウッド、そして他にはトミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド(24の主演のキーファ・サザーランドの父)ジェームズ・ガーナーなど、この4人で宇宙へ行くわけになるんです!

いやぁ何て言うか加齢臭がプンプンする感じなんですが本当にね渋いんですよね、この映画でも年老いても昔と変わらずに元気で特にクリントとトミ・リーの絡みは最高にカッコいいです!

本当に俳優陣も豪華で、あっこの人、何かの映画で見たことあるとか、そういう見所もありますし随所に渡って見所たっぷりです。エンディングにフランク・シナトラの「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」が流れるんですがコレもまたいいんです!

若き日の想いってのは歳を重ねても消えないんだっていう映画ですね。
少しアルマゲドンと被る感じもあるわけなんですが、ラストが悲しくないんです。悲しいけれど悲しくないんです・・。

でも、女、子供は見ないほうがいい・・。若い男も見ないほうがいい・・。渋いオヤジは見てくれよなって感じの映画です(笑)
まぁTUTAYAか何かで、何見ようかなぁって思った時に思い出して頂けたら幸いです。









映画は字幕か?吹き替えか?

たまに映画の話になると字幕か吹き替えか?って議論起きたりすると思うんですよ、無い場合は非常に運がいい、そんな話、ボクは不毛だと思ってるんですけどね、楽しく観れたもの勝ちですから、はい(笑)

昔ね、よく通っていたカフェバーで、そこはサブカルチャーが好きな人が集まったりするとこだったんですが、一人の映画好きはこういいました。

「映画好きは普通、字幕だよな。」

まぁ、結講そういう人って多いと思うんですが、ボク少し一石投じたいんですよね、天邪鬼ですから(笑)

最初に吹き替えについて言うと、良くないところは、日本語で話すので何か違和感がある、もしくは声優がハマらない時、最悪っていうデメリットもあるので字幕って人も多いと思うし、そういう作品多いから気持ちは解ります。

字幕じゃないといけないっていう人いると思うんですけど、少し違うと思うんですよ。字幕派の人の言い分は凄い分かるんです、字幕は雰囲気をそのまま残しつつ、出演者の声も聞けますから、その映画に入り込みやすいんですが、初見だと実は入り込めてないと思うんですよ。

字幕って字を追っちゃうから実は画面全部観れないんですよね、コレどうしても・・・。下とか横とか関係なく台詞追っちゃうから、視線がどうしても字幕のほうに集中するみたいですね。

それと最大の弱点が、字数制限!これ翻訳家の人も頭痛いらしいですねぇ・・。知り合いの翻訳関係の人もいっつもボヤいてます。そのまま訳せないから、変えるんだけど通らないとかあったりするらしいです。

ちなみにDVDで吹き替えと日本語字幕一緒に見て試して下さい、台詞が結講違うんですよ!

両方見たら台詞が違っててそれもまた面白いんですよ。

ボクは好きなモノは何回も見るので結局、台詞覚えちゃいますので、どっち派って訳でもないです。

これがまたいいんですよ、字幕も吹き替えもない映画って、え?英語覚えろって?それは言わない約束ですよ(笑)

いやー映画って本当にいいですよね、さよなら!さよなら!さよなら!



おっちゃんが配信でやったゲーム

はい、今回も今まで配信でやってきたゲームを紹介したいと思います。これは、これはとても辛いゲームでした・・。実は2度やってるんですが、はっきり言ってまだ恐ろしいです・・。それは・・。

SIREN

今回はストーリーについては、ちょっとネタバレになっちゃう所があるので言いませんが、ジャンルはホラーです。ただ何が恐いかというと正直、難しすぎます・・。簡単に死んじゃいます・・。やってたことが一瞬で無に消えます・・。そういう意味で本当に恐ろしいゲームでした・・。

今でも覚えています、ラスボスのシナリオで6,7時間詰んだことを・・。それだけではありません僕には難しすぎて普通のシナリオでも時間がかかり、挙句の果てには感覚が麻痺してきて1シナリオで1時間ならマシだなぁ、なんて思えてくるほど難しかったです。

リスナーの薦めでやったわけですが正直、初回プレイの途中は恨みましたねぇ、爽快感も何もなく延々とループしていく、この怖さに・・。


しかし、いざ全てのシナリオをクリアした時の達成感は本当にいいものがありました、正直、履歴書に書きたいくらい頑張りました。多分人生で10本の指に数えるくらい頑張りました!そしてこのゲームのお陰ですね、今では多少、詰んでも、あの時に比べたらとか難しいゲームの場合はSIRENをやった気持ちを思い出して頑張ってます。

もう一度、今度は視界ジャック縛りでやってみたい気持ちがあるのですが、まだ躊躇う自分が居ます・・。
きっと軽くトラウマもあると思います。そんなゲームですが、意外と結講ね慣れると楽しいんですよ、険しい山ほど登り甲斐があるみたいな感じで2回目は色々コンプしてクリアしました。

投げちゃう人とハマる人が本当にハッキリ別れるゲームだと思います。しかし、一度トライして山登ってもらいたいゲームではあります。





これがプロの匠の技

皆さん、野球は好きですか?まぁ恐らくココに来てくださる中で一部だけだとは思いますが大好きな方が居らっしゃると思います。そんなアナタにお届けしたいモノがあります。それは・・・。

フルタの方程式

この番組、言わずと知れた名捕手、古田敦也が今までの素人の野球の常識をくつがえすほどの練習法、技術などを面白おかしく収録していた番組なのですが、実は関西圏では放送していなかったらしく僕は見たくても見れませんでした・・・。

たまに一部をYoutubeなんかで見て、走塁編を見た日には夜中に一人グラウンドでダンボール敷いて、遠くに見える信号が青になったら帰塁(ベースから離れて牽制された時に戻る)練習とかしましたよ。よく考えたら外から見た人は何やってんだろって思われてたかもしれませんが(笑)

そして元野球経験者の芸人などが出ていて、そんなお固い番組ではないのに面白おかしく、それでいて高度で斬新な事、教えてもらえるんですよ。

野球のルールが解らない人にとっては、ちょっと面白くないかもしれませんがソフトボールのオリンピック代表、投手と古田の対戦もあったり。バラエティー要素もあり、本当にいい番組だったんじゃないかなぁと思います・・。(なんで関西圏でやってなかったんだよチクショーって感じです)

そして見れなくて苦汁を飲んだ方もいらっしゃると思いますが、この度おっちゃんは見つけましたよ一部ですが(・∀・)ニヤニヤ、これで関西圏の人の溜飲も少しは下がるかなぁと思います。

そして、野球が好きな人は、また野球を見る時に違った視線で見れると思います。そして教育者の立場であれば尚更見て頂きたい!そして知り合いに野球やってる子が居れば教えてあげるのもいいかと思います。

ちょっと前置きが長くなり失礼、本当に大切なのはコレですよね↓(笑)

www.tudou.com/programs/view/ulWtBjI4bAY/?fr=rec1

この回はイマイチですが他の動画に飛びやすいので、そこから飛べば6つくらい動画見れたと思いますのでどうぞ!

これでまた、野球談義に華を咲かせたいなぁと思いますし、野球に興味を持って頂けたらなぁと思います。











コトバ

言葉が生きていくにつれて足りなくなってきた。

年齢を重ねるごとに自分のイメージの輪郭がハッキリすればするほどにそのイメージに対する言葉がないことに気がつく。

口だけは達者なつもりでも、人に何かを伝えようとしたりする時に肝心な言葉が出てこない。

そしてそのイメージに近い言葉を使い置き換えるが、どうもイメージ劣化してしまい心の中にしこりが残る。

使う言葉をパターン化して取り出すのは至極簡単なことであるがそれでは言葉は死んでいるのであろう。

言葉とは相手に物事を伝える事も大切だが、それ以前に自分のイメージを自分で言葉に出来なくてはそれすらもままらないような気がする。

もっと言葉を知る必要があるようにも感じるが既存の言葉では表せないようにも思う。

特に感情を伝える言葉は極めて難しい、それは自分の感情が解っていないからなのか、言葉がないのかそれすらも曖昧だからだ。

それでも、人は何かを誰かに伝える為には言葉が一番必要になってくる。

いつになったら言葉は僕のいう事を聞いてくれるのだろうか。




おっちゃんが配信でやったゲーム

えっと配信で色々やってきた僕ですが、今回はコレを紹介せざるおえません・・・・。


エルシャダイ

今までの配信歴の中で、苦汁を飲まされたゲームはかなりあります。しかし大抵の場合、その後に達成感や充足感があったのですが、このゲームの恐ろしさは、それがありませんでした・・・。

恐らくゲーム上手な人だと半日で終わるでしょう・・・。実際僕もそれほど時間はかかっていません。
しかし道中のジャンプステージが苦手で親指に水ぶくれみたいなモノができてしまいました。そして、ラスボスなんですが・・・。はっきり言って弱かったです・・・。

そして迎えたエンディング・・・。久しぶりに( ゚д゚)ポカーンとしちゃいましたね・・。

良いところを色々探してみたんですが、えーっと他のゲームと違って色々斬新ですね・・。なんていうか、やりたいことを詰めあわせて煮込みすぎて具材が溶けてしまったようなスープのような、え?味は大丈夫か?

だ、大丈夫だ・・・。も、問題ない・・・。って感じです。

まぁ散々リスナーにも色々言われちゃった哀しい子ですが、配信的なノリでは結講面白いとは思いますよ。
ただ一人でやる事に対して「大丈夫だ!問題ない!」とは言えませんです、はい(笑)

でもね人間こういう経験も大切なわけですよ、それを学べましたよ本当に・・。
前向きに考えれば何があっても

「大丈夫だ!問題ない!」

といえるようになりたいです(笑)





こんなリンク貼って大丈夫かなぁとは思っています(笑)

おっちゃんのおすすめ漫画!これだけは見とけ!

おっちゃんのオススメ漫画#3


今回は、僕に似合わない漫画で賛否両論あるかもしれませんがお薦めします。ちょっと意外な感じで、
エッ?って思うかもしれませんが今回は・・・。

ハチミツとクローバー

アニメ化され映画化もされたので知名度は相当高かったんですが、当時僕は正直この漫画舐めてました・・。
所詮、少女漫画でしょ?って感じで・・。しかし勧められて読んでみると、これまた面白いというか、とても胸に何か訴えって来るものがあったんですよね・・。

ストーリーは美術学校に通う生徒たちの青春物語みたいな感じで、恋愛もあったりで聞くだけでは青臭くなるんですが、その中での人間模様、若さゆえの葛藤、それを取り巻く大人達も色々あったりで、肌が合えばとても面白い作品です。

何か自分が生きていく中で置き忘れたか捨ててしまったものが、なんとなくぼんやりとそこにあり、それが何かは解らないんだけれども、この漫画の中にはあるんですよね。この作品を見ていると、何か恥ずかしく、切なく、暖かく、失ったものが、また拾えるんじゃないかと思った作品でした。





水と器

器1つに水を入れその器が一杯になった時どうするか?普通、新しい大きな器に水を移し変えさらに水を溜める。
しかしこの時困った事に器一杯に入れた水を移し変える時に水が少しこぼれてしまう。

まぁ、これが生活レベルの話であれば大した事ではないのであるが人間レベルの話だと少し困った事である。
人もしばしば器に例えられ器量の大きい小さいなどと例えられたりするがそれは客観的なことであり、今回は主観的な器の話

人は歳を重ねるにつれ心を培っていくわけでその心とは自分の考え方であり精神力であり信念、プライドでもあったりする。しかし培っていく中でどうしても水が一杯になってしまう時がある。

簡単に考えると少しくらい水がこぼれても新しい大きな器にすればいいのだが、しかし人は生活レベルとは違いそこで人は今まで培ってきたものを失いたくはないのである。

今まで溜めて生活してきた溜めた心の水がこぼれるのはやはり愛着があり惜しいこともあるし、こぼれれば悲しい事もある。

そういう事もあるので一概に器を変えないという選択肢でも、それはあながち間違いではないとは思う。

しかし新しい水を入れれなくなるということは、もう何かそこでその部分の成長が止まる気がする・・。

ボクは結構器を変えるタイプの人間なので様々な事で水がこぼれたり、新しく用意した器が前の器より小さかったとか、なかなか苦労してきたが、未だに小さいなりにも苦労したり悩んだ分、昔より水を溜めれる器になってる気がする。

そしてこれからもそれは止めることはない。

おっちゃんの配信でやったゲーム

さて今日は配信でやった思い出深きゲーム達の中から一つ紹介させて頂きます。
今回は・・・。

龍が如く

PS2のゲームで神室町という、新宿歌舞伎町がモデルになっていて、僕が初めて歌舞伎町に行った時に迷わないくらいの作りなんですよ。そして他のシリーズもありまして、僕は東京7日くらいしか滞在したことありませんが歌舞伎町だけなら多分迷いません。

ちょっと脱線してしまいましたがゲーム内容はヤクザなアクションなんですが上記の通り、街づくりがよく、主人公も桐生一馬という、なかなかカッコイイ主人公を始め、個性的なキャラクター、そして渡哲也を筆頭に豪華な声優陣を起用しており、キャラクターも立っていて良い感じです。

そしてゲーム内容ですが至って、難しい事もなく(少々強いボスはいますが)詰んだと思えば3回負けると、イージーにしますか?と聞いてくる安心設計、配信者としては屈辱設定ですが・・。僕がクリア出来てる時点で誰でもクリアできるんですがね。

そして配信の中でも一番スカッっとするゲーム内容でしたね、ストーリーも面白いんですが、サブストーリーなんかもあったりして、かなりの時間遊べるんですよ、そして値段も安くコストパフォーマンス相当いいゲームです。
しかし・・。このゲームしてからなんですよね・・。何故か僕の設定まで変化してしまったのも・・・。
本当にカタギなんですがねぇ・・。っていう感じで配信にも凄い向いていると思いますし。いいゲームです。

比較的には当然、男子の人がやった方が、面白いかもしれません。女子が楽しめないという訳ではないですがね、ちょっと熱い、汗臭い部分もありますので、その他、仁義、涙、お笑いもあり本当に良作でした。
配信で3回エンディングまで行ってます。

是非一度、男の方はやってみてはいかがでしょうか?




おっちゃんの配信道具 サウンドカード編

僕は、小さい頃からラジオなんかをよく聞いてて、将来こんな事ができたらなぁ・・。なんて夢見てたわけですよ。そしてフトした事から「ねとらじ」なるモノを発見!30分後には配信していたわけですよ。そしてこの喜びっていうのが嬉しくて、今でも楽しく、時には苦しく配信してるわけなんですが、僕も人のラジオを聞いて、こういう事してみたいなぁって思ったクチなんで実はリスナーさんから配信者が生まれることを期待してるわけなんですよね♪

でも最初本当に、どーやったらいいか?機器類は何がいいのかすら解らなく結講、PCに無知な僕は困ったんですよね、まずコレはマザーボードのサウンドカードで普通にステレオミックス出来る人も居れば、ちょっと使い物にならないサウンドカードもあるわけなんですよ。ちなみに僕のマザーボードに付いているサウンドカードは役に立っていません・・。

そこで、そんな人も居らっしゃるかと思い、自分の環境を発表したいと思います。

OSはWindows xp CPUはcore2 E8400 少しキツキツですがこれくらいでしたら画質も悪くないと思います。

そして、結講、難しいサウンドカード選びなんすが高いのを買って失敗とかもあるわけなんですよ、そこでお薦めしたいのが、僕も使っている外付けの響音という、とても安価なものです。

1500円な面もありWAVE設定がシビアですが、使うのに特に足らないことはありません。正直壊れてもいいやというくらいの値段ですし、予備で持っておいてもいいと思います。そして、マザボのサウンドカードが使える方でも配信しててSkypeするとステレオミックスが入っているで相手にハウリング(相手が自分の声を聞いてしまい話し辛い)解決にもなります、でもそれはUSBのヘッドセットならそれ自体にデバイスがあるのでそっちの方が楽かもしれません挿すだけなので。

マザーのオンボのサウンドカードがダメな方は是非一度使ってみて配信して頂きたいなぁと思います。
ちなみに僕はXPでしか使ったことがありませんのでXP以外は解らないですがXPなら何の問題もなく働いてくれる安価で楽な、外付けサウンドカードです。オンボのサウンドカードが壊れた時なんかも便利な代物なので予備で持っておいてもいいかなぁと本当に思います。ちなみに何かあった用に一つはキープしておりますので、サンウンドが壊れてもすぐに配信復帰できるよう準備しています♪

また随時、色々な使っているものを随時紹介していきますので載せていきたいですし。
他にもっといいのがあったり、コレは使いやすいとかあれば教えていただきたいです!





おっちゃんのおすすめ漫画!これだけは見とけ!

おっちゃんのオススメ漫画!#2


おっちゃんは結講、漫画にはうるさいです!これで面白くないって言われたら、そら見る側が悪いとまでのエゴがあります。そこで今回紹介したい漫画は・・・。

リアル

これも有名作品なんですが、作者はスラムダンク、バガボンドなどの名作を描いている井上雄彦の作品。
車イス、バスケの話なんですがハッキリ言って障害者とか非障害者とか関係のない漫画です。

人間生きていて、色々な挫折、葛藤、そういうような事を描いた作品です。この作品、一年に一回しか発行されないんですが、普通「早く出て欲しいなぁ」とか思うんですが、僕は丁度いいんですよね、新刊が出るたびに、自分はこの一年で前に進めたかなとか省みたりしてます。そして背中を震わせながら読んでいきます。

ストーリーは野宮という高校生ががバイク事故を起こし、高校中退になり、後ろに乗せていた女性が障害を持ち、ある事から車イス、バスケをしている戸川という同い年の青年に会い、そこから物語が発展していくわけですが、この漫画、僕は誰が主人公とかそういうの関係ないと思ってます。色々な人が主人公、そして広げられる余りにもリアルな物語。

心がジーンときたり、時には自分と重ねあうように見てしまう本当にいい作品です。





最新巻

ダルビッシュはメジャーで通用するか?

ダルビッシュはメジャーで通用するか?

この質問に対して、野球ファンの意見はバラバラだとは思う。そもそも、まず1年目で通用したという成績のラインが曖昧であるからだ。彼は日本で防御率(9回投げてどれくらい点を取られるかという指数)が5年連続1点台なのである。簡単に言うと平均して試合で2点取られることがないということである。

まず、このラインを通用と言うならそれは無理だとは思います。否定的な意見ではなく、それだけ彼が日本で突出していたと考えてくれたほうがいいです。ちょっと脱線しますが、僕は彼が高校生の時から甲子園に出てくるたびに見てきましたが甲子園で優勝していない投手なんです、しかも当時のプロのドラフトでは重複して指名されること無く単独指名だったんです。

しかし僕はダルビッシュの評価は相当高かったです、甲子園でノーヒットノーランをやった事もあるんですが、あの試合でも下位打線相手に本気で投げずに温存してるんですよね。無理に三振を取りに行かずに球数減らすために打たせてアウトを取るといったような事や、これはちょっと野球詳しくない方には、解り難い説明かもしれませんが1ストライク2ボールという場面で変化球でカウントを整えられる(2ストライク、2ボール)に持っていける、ちなみに、こんな事はなかなか高校生レベルではできません。

結局、決勝までは行ったことのあるダルビッシュですが優勝投手にはなれませんでした、ただ明らかに他の投手とは違い、あの歳にしてクレバー(ずる賢い)とこがあって僕はプロで3年以内に二桁、勝てる投手になると確信しました。ちなみに高卒で3年で2桁なんて珍しい方ですからね、まぁここまで化けるとは思ってませんでしたが・・。

そして、プロ入り後、初のキャンプで喫煙しながらパチンコしていたところを週刊誌に撮られ2軍落ちで初年度は松坂やマー君みたいにはいきませんでしたが、それから彼は野球に対し真摯に取り組み本当にいい投手になりました。素行の悪い、後輩に苦言を呈したり、変化球の握りを教えたり。最早プロ野球のお手本でした。

ちょっと前置きと脱線してしまいましたが彼がメジャーで通用するかという質問に僕は通用する!と言わせて頂きます。

恐らく一年目はボールの違い、マウンドの硬さ、テキサスの気候そんな日本とは違ったハンデもありますが、きっと彼ならメジャーにいる間にサイヤング賞(そのシーズンで最高のPに与えられる賞)を取ってくれると信じています。

そして明日、マリナーズ戦において彼の初登板が見られます!さて、メジャー初登板、イチロー、川崎もいる相手にどこまで投げられるか大変楽しみです。


ちょっと肝心な所、逃げちゃいましたが今年の成績予想は防御率2点後半、15勝と思い切った予想にしときます。本当は防御率3点台前半、12勝くらいにしときたいんですが無難で面白くないので(笑)



おっちゃんのおすすめ漫画!これだけは見とけ!

おっちゃんのオススメ漫画!#1

おっちゃんは結講、漫画にはうるさいです!これで面白くないって言われたら、そら見る側が悪いとまでのエゴがあります。そこで今回紹介したい漫画は・・・。

宇宙兄弟

知ってる方も多く、読まれてる方も思いますが、まだ見てない人もいらっしゃると思います。
最近アニメ化されているので、まだ読んで無い方は是非とも読んで頂きたいと思います。

ストーリーは比較的、近未来の話、弟は宇宙飛行士で兄(主人公)は自動車メーカーに勤務していたがトラブルを起こし退社になってしまう。それから色々な事があって兄も宇宙飛行士を目指すことになるんですが、試験を受けたり試練が待ち受けているのです。

それ以外にも見所は、近未来設定ということで、それほどぶっ飛んだ設定ではなく色々宇宙飛行士の事や、ロケット、ISSなど雑学的な知識も入ってるところも面白く、宇宙入門書として見ても面白いかと思います。

現在17巻まで出ておりますが個人的な評価はかなり高いです。まとめて買うと高いイメージがありますが1巻づつ読んでも結局買うことになると思います、それくらいの自信があるので後悔はさせませんw







プレイステーション3

えっと先月の半ばにPS3を購入したわけですが、正直買った時、テンション低かったですw

基本、配信以外でゲームをあまりしない上に、何か配信の為に買うには余りにも高すぎたからです・・。

しかし、よくよく考えてみると値段も下がってきてるくせに、PS2のオンラインと違ってLANケーブル挿すだけの簡単なモノな上に、協力プレイや対戦も出来る上にアーカイブスというのがあるらしく、PSや一部PS2(これは少ない)も600円からネットで買えてダウンロードできちゃうわけなんですよね。

例えばバイオハザードやメタルギアソリッドなんかだったらPS2のアーカイブもあるんですよ(少し値は張りますが)

そして、まだまだ僕はフルに使えてないけれども結講、買って使ってみたら満足してるわけですよw

ホント最初はイヤイヤだったんですけどねw通信プレイって面白いなぁってネトゲとか詳しくない僕としては結講斬新でした






再度ブログ始めました

いやー私、livetuveという配信サイトで配信している配信者なんですが、一回ブログ作ったんですけど、何か続かなかったんですけど、もう一度チャレンジしていきたいなぁと思い、頑張って書いていこうと思います。

本当に配信に関係無いことや適当な事も書くと思います、生温く見守っていただけると幸いです。

ツイッターとかもやってるわけですが、僕には少し喋り足らない部分が多いのでブログも悪くないと思います。

そして最初は拙いブログでも、どんどんよくしていきたいなぁと思いますので皆様よろしくお願い致します。




 | HOME | 

プロフィール

おっちゃん

Author:おっちゃん
livetubeで色々な配信をしております
生まれも育ちも大阪です
【おっちゃん配信のカンパ】
アマゾンギフトで頂けるとありがたいです。メールアドレスだけで送れるようなので
http://www.amazon.co.jp/gp/gc
メールアドレス
ocyan.live@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。